スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログは、YuzuPhoto.comに2012年2月21日より移転しました。

Canonの簡単撮影モードでのポップアップ禁止について。

カメラ女子で有名なきょん♪さんの
カメラ女子「きょん♪」の簡単ステキ写真術(http://camera.na-watashi.com/)
というサイトを見ていました。

その記事の中の、
内蔵フラッシュは使わない!(http://camera.na-watashi.com/basic/post_104.php)
というエントリのコメントに、Canon Kiss X3でポートレートモードでは、
発行禁止が出来ないというコメントがありました。

簡単撮影モードはまったく使ってみたことが無かったので、
内臓フラッシュのポップアップを防ぐことが出来ないと言うことを知りませんでした。

早速自分が持っているEOS Kiss X4で実験をしてみました。
確かに発光禁止の設定にしてあっても勝手にポップアップしてしまいます。

そこで、今回、
内臓フラッシュを簡単撮影モードで発光させない方法を書いてみようと。

え?発光させない方法があるの?と思われた方もいらっしゃると思います。

結論から言います。
荒っぽい方法ではありますが、一応発光させないことは可能です。

その方法を説明します。
まず、Canonのカメラは、スピードライトをつけている時は、
絶対に内臓ストロボはポップアップしません。
これを前提にします。

次に、このポップアップはどのような仕組みでブロックしているのでしょうか?
スピードライトと電子的なやり取りを行っているのでしょうか?

しかし、これはサードパーティ製のホットシューアダプター等を、
カメラに装着した場合もポップアップしません。

と言うことは電子的なやり取りでないという可能性が高いことがお分かりいいただけると思います。

では、どうしているか。
Canonのカメラをお持ちの方は、一度ホットシュー部分をご覧ください。
ばねのような部分を見つけていただけると思います。
どうやら、そのばね(でっぱり?板?)が下がっているとき、内臓ストロボはポップアップしないようです。

そこで、内臓ストロボのポップアップを防ぐためには、
このばねを押し下げるように、何かをはさんでやればいいわけです。

今回私は手近にあったレシートを丸めて突っ込んで見ましたが、
見事内臓ストロボは発光しませんでした。

なので、とりあえず何かを突っ込めば内臓ストロボは発光しません!
でもそれは見た目があまりにも・・・ですか?

では、そういった方は、
Nikon等のホットシューカバーを使うと良いです。

また、ホットシューカバー型水準器もあるので、こういったものでも大丈夫じゃないですかね。

実験していないもので申し訳ないですが・・・ このブログは、YuzuPhoto.comに2012年2月21日より移転しました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

弓弦

Author:弓弦
写真が趣味の一般大学の2年生です。
ストックフォトもはじめてみました。
現在は写真がうまくなる様に練習中です。

何かご用件がありましたら下記のアドレスまで。
yudurupic@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。