スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログは、YuzuPhoto.comに2012年2月21日より移転しました。

ようやく接写リングの簡易の撮影終了

先日お伝えした2800円で購入した接写リングですが、
ようやく届いてテストする事が出来たのでご報告します。

接写リング外観集合

見た目はこんな感じで中が空洞になった、本当の『リング』です。
このリングにはきちんと電子接点が用意されており、
絞りをきちんと本体から変更することができます。

このリングの組み合わせによって、倍率を調整することになります。
ただ、注意しないといけない事は、これらのリングをつけることによって多少暗くなってしまう事です。
適宜、露出を補正しながら使ってください。

下の写真は、面白がって、70-200mm f2.8L USMに全てのリングをつけたものです。
接写リング装着

焦点距離が短い方が本来倍率が大きくなるそうなので、
冗談半分で付けてみたのですが、これが案外使いやすいです。

もともと私はこのレンズの色乗りが好きだったので、
今回接写リングでそれほど色乗りや画質の劣化を感じることなく、
(若干の解像度の低下や収差の増加は見受けられます)
簡易マクロ的な使い方ができるようになりました。

ただし、被写界深度はかなり浅くなりますので、
使用される場合は三脚とライブビューが必須です。

ライブビューが無いとピント合わせはかなり大変です。

また、ピント合わせですが、
ピントリングで細かなピントを合わせることになるのですが、
ズームリングをつかって大まかにピントを合わせた方がいいです。
でないとかなりレンズ自体を前後させる必要があります。

ただ、値段を考えると、私としては久方ぶりに良い買い物をしたという感じです。

ぜひ皆さんも接写リングにチャレンジしてみてください。 このブログは、YuzuPhoto.comに2012年2月21日より移転しました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

弓弦

Author:弓弦
写真が趣味の一般大学の2年生です。
ストックフォトもはじめてみました。
現在は写真がうまくなる様に練習中です。

何かご用件がありましたら下記のアドレスまで。
yudurupic@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。